J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年01月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 「私」を主語に語れる人材が真のグローバル企業をつくる

海外売上比率25%の早期実現に向け、海外事業の拡大を重要戦略に位置づける日本電気(NEC)。最先端のICTにより、グローバル規模の課題解決や、持続性のある社会づくりをめざす「社会ソリューション事業」の構築には、グローバルに活躍できる人材の育成が欠かせない。そんな同社で人事部 シニアエキスパートとして国際人事企画を担当する籔本潤氏。「私はこうしたい」「私はこう思う」という言葉と、それを裏づける信念と知識を大切にする籔本氏が求めるのは、海外で通用する、日本人の真のグローバル化である。

残り:3,245文字

/

全文:4,327文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

人事部 シニアエキスパート (国際人事企画)
籔本 潤(Jun Yabumoto)氏
1989 年入社、研究開発事務本部勤労部配属。2001年NECプロサポート出向。2008年EMEA 地域統括会社であるNEC EuropeLtd.にて地域人事制度統合と報酬制度を担当。2013 年より人事部 シニアエキスパートとして国際人事企画に携わる。

NEC(日本電気)
1899 年設立。パブリック事業、エンタープライズ事業、テレコムキャリア事業、システムプラットフォーム事業を中心に、コンピュータ、ソフトウエア、ネットワークなど、あらゆるIT 製品と技術、ソリューション・サービスを提供する。
資本金:3972 億円(2014 年3月末現在)、連結売上高:3兆431億円(2014 年3月期)、連結従業員数:10万914 名(2014年3月末現在)

取材・文・写真/髙橋真弓