J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年11月刊

特集│CASE1 日立製作所 生産性向上ためのピープルアナリティクス ホワイトカラーの 生産性向上モデルと 配置配属フィット感モデルを確立

日立のシステム&サービス人事総務本部は「ピープルアナリティクスラボ」を立ち上げ、サーベイとAI による分析で、従業員の生産性や配置配属などに対する意識をデータとして見える化することに成功した。
生産性向上や配置配属、リテンション等、広範囲にわたるその先進的な取り組みとは。

残り:3,194文字

/

全文:4,259文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

大和田 順子氏
日立製作所 システム&サービス人事総務本部 ヒューマンキャピタルマネジメント事業推進センタ ピープルアナリティクスラボ エバンジェリスト 

株式会社日立製作所
1910年創業。OT(Operational Technology)、IT(Information Technology)およびプロダクトを組み合わせた社会イノベーション事業に注力。
モビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、ITの5分野でデジタルソリューションを提供することにより、顧客の社会価値、環境価値、経済価値の3つの価値向上に貢献する。


資本金:4,587億9,000万円(2019年3月末現在)
連結売上収益:9兆4,806億1,900万円(2019年3月期)
連結従業員数:29万5,941名(2019年3月末日現在)

[取材・文]=菊池壯太 [写真]=編集部