J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年05月刊

特集│CASE1│中日本高速道路 セルフ・キャリアドックを導入 社員の自律的なキャリア形成につなげる 総合的なキャリア開発支援

2005年に日本道路公団の分割民営化により誕生したNEXCO 中日本。
キャリア開発支援を人財育成の4つの視点のひとつと位置づけ、キャリア開発研修やセルフ・キャリアドックといった取り組みを精力的に行う。
具体的な内容と成果について聞いた。

残り:2,669文字

/

全文:3,558文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

岩田貴之氏
中日本高速道路 総務本部 人事部 人財開発チーム チームリーダー

中日本高速道路株式会社
道路関係四公団の民営化により、2005年に設立。
建設や保全・サービスを行う「高速道路事業」と、サービスエリアやその他周辺地域開発等を行う「関連事業」を担う。
「もっと安全に、もっとスムーズに」をコーポレート・ステートメントとし、事業を展開する。
資本金:650億円(2019年3月31日現在)
従業員数:2,139名(2019年3月31日現在)

[取材・文]=谷口梨花