J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年05月刊

成長の仕掛け人 第6回 情熱と言葉で “寄り添う人事”を実践する

ガラス・電子・化学品・セラミックスの4つの事業領域でグローバルに事業を展開するAGC。
昨年には社名を変更し、グローバル化に拍車をかける。
現在人事部トップを務める簾孝志氏は、エンジニアリング部門出身。
社内でも前例のない抜擢に当初は戸惑いも覚えたが、“人を活かす人事”への改革も、軌道に乗り始めているという。

残り:2,841文字

/

全文:3,788文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Profile
簾 孝志 (みす たかし)氏
AGC
常務執行役員 人事部長

1983年にエンジニアとして入社。本社工務部に配属。
その後、工場勤務を経て1995年にインドネシアに転勤。2002年に経営企画室。
2005年にはディスプレイカンパニー(当時)で液晶ガラス事業立ち上げ期の生産統括を担う。
2008年にエンジニアリングセンターへ異動。
2010年エンジニアリングセンター長を経て2016年より執行役員人事部長。
2019年1月より現職。

Company Profile
AGC 株式会社
1907年創立。ガラス・電子・化学品・セラミックスの4つの事業領域で、素材開発と製造を手掛ける。
今では30を超える国と地域に展開し、フロート板ガラス、自動車用ガラスなどで世界No.1シェアを誇る。
資本金: 908億7,300万円
連結従業員数:5万4,101名(2018年12月31日現在)

[取材・文]=田邉泰子  [写真]=中山博敬