J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年12月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 不言実行より有言失敗!チャレンジを促す“人中心の経営”とは

三洋化成工業は、界面活性剤や高吸水性樹脂などの機能性化学製品のメーカーだ。顧客の製品の機能を左右する材料を製造するだけに、顧客ニーズに対応した開発力が求められる。研究開発に全従業員の30%を投入するという同社の人材育成の取り組みについて、安藤孝夫社長に聞いた。

残り:4,419文字

/

全文:5,892文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

安藤 孝夫(Takao Ando)氏
三洋化成工業 代表取締役社長

生年月日 1953年3月7日
出身校 大阪大学大学院 工学研究科
主な経歴
1977年4月 入社
1993年4月 新技術・プロセス開拓室長
1998年6月 取締役 研究本部副本部長
2001年4月 取締役 研究本部長
2003年6月 執行役員 研究本部長
2004年6月 執行役員
国際事業推進本部長
2007年6月 執行役員
サンノプコ株式会社
代表取締役社長
2008年6月 常務執行役員
サンノプコ株式会社
代表取締役社長
2010年6月 取締役 兼 専務執行役員
営業第1部門担当 
2011年6月 代表取締役社長 兼
執行役員社長 就任
現在に至る

三洋化成工業
1949年に界面活性剤メーカー「三洋油脂工業」として創業、1963 年社名変更。各種の高分子薬剤や樹脂、特殊化学品などを開発し技術領域を拡げてきた。紙おむつの素材となる高吸水性樹脂を1978 年に世界初、工業化した同素材の草分け。
資本金:130 億5,100万円、連結売上高:1,426億円、従業員数:1,865 名(関係会社への出向者含む。いずれも2013年3月現在)

インタビュアー/赤堀たか子
Interview by Takako Akahori
写真/行友重治
Photo by Shigeharu Yukitomo