J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年07月刊

成長の仕掛け人 第1回 懐を開き、現場を知る 人を育てる オープンな組織づくり

「金融業は人で全てが決まる」と語るのは三井住友銀行 常務執行役員の金丸宗男氏。組織を変え成長の原動力となるのは、オープンであることだという。銀行そのもののビジネスモデルが変わろうとしている今、人材育成をどのように捉えているのか。

残り:2,434文字

/

全文:3,245文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Profile
金丸宗男 (かなまる むねお)氏
三井住友銀行 常務執行役員

1987年住友銀行(現・三井住友銀行)入行。1989年事業調査部に配属。融資先の信用調査や各業界の経済動向リサーチを長らく勤める。2度の融資先出向の後、2002年に法人戦略営業部へ異動し、新規取引先の開拓などを経験。06年人事部企画グループ、12年法人営業部長を経て、15年より人事部長。2018年4月より現職。
(*取材は2018年3月、人事部長当時)

Company Profile
株式会社三井住友銀行
千代田区に本店を置く3大メガバンクの一角。「Customer First」「Proactive and Innovative」「Speed」「Quality」「Team SMFG」という5つのバリューに沿った経営を行う。
資本金:1兆7,709億円
従業員数: 2 万9,658 名(2017年9月30日時点)


[取材・文]=田邉泰子 [写真]=中山博敬