J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年07月刊

インストラクショナルデザイナー 寺田佳子の 学びのキセキ 第1回 科学するファーマー・井出寿利さん IoT から生まれた美しきトマトたち

人は学べる。いくつになっても、どんな職業でも。
学びによって成長を遂げる人々の軌跡と奇跡を探ります。

井出トマト農園(神奈川県藤沢市)の代表取締役、井出寿利さんは代々、露地栽培をしてきた農家の15 代目。
全国農業コンクールで農林水産大臣賞を受賞するなどその取り組みに熱い注目が注がれる、若き農業経営者です。
彼が繰り広げるトマト作りのイノベーションとは。

残り:2,445文字

/

全文:3,260文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Interviewee Profile︱ 井出寿利(いでひさとし)氏
井出トマト農園代表取締役。2003 年、日本大学生物資源科学部卒業。不動産営業会社に就職するも、2006 年、家業を継ぐべく就農。現在、神奈川県藤沢市、静岡県富士宮市「朝霧高原農場」にて、13 品種のトマトを年間を通じ生産。IoT を駆使した栽培手法は全国的に話題となり、数々のメディアで取り上げられている。農林水産大臣賞をはじめ受賞歴多数。


Interviewer Profile︱ 寺田佳子(てらだよしこ)氏
インストラクショナルデザイナー。IDコンサルティング代表取締役。ジェイ・キャスト常務執行役員。日本e ラーニングコンソシアム理事。熊本大学大学院教授システム学専攻講師。ICTを活用した人材育成のコンサルティングの他、リーダーシップマネジメント、プレゼンテーションセミナーなどの講師として国内外で活躍。
『学ぶ気・やる気を育てる技術』(JMAM)他、著書・訳書多数。

プロフィールこぼれ話★1 幼稚園から大学までは日本と
海外を行ったりきたり。第二の故郷はパリですが、一番住
み慣れているのは湘南。歩くより泳ぐほうが得意です!

写真/和田佳久