J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 顧客と社員からの声で 会社はよりよいものになっていく

今年で創業70 年を迎えるちふれ化粧品。
高品質・適正価格という方針を貫き、業界における独自のポジションを築いてきた。
ブランド力の基礎には、女性がのびやかに働ける環境づくり、自由に意見の言える風通しのよい風土、社員の自立精神を育む姿勢があるという。
片岡方和社長が抱く、経営と人づくりの信念とは。

残り:3,582文字

/

全文:4,776文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


片岡方和(Masakazu Kataoka)氏
ちふれ化粧品 代表取締役社長
生年月日:1947年2月20日
出身校:京都大学

主な経歴
1969年 4月 千代田化工建設入社
1995年 9月 ちふれ化粧品 非常勤取締役就任
1997年 6月 非常勤監査役 就任
2008年 6月 専務取締役 就任
2010年 8月 代表取締役社長 就任
現在に至る

企業プロフィール
ちふれ化粧品
1947年創業。島田松雄初代社長が、欧米で化粧品が1ドルで販売されていることに衝撃を受け、1962年に「100円化粧品」を発売。以来、高品質と適正価格を追求し続けている。
「ちふれ」は、同社の理念に賛同する全地婦連(全国地域婦人団体連絡協議会)に由来する名称。
資本金:4億5000万円
売上高:172億7000万円(2016年3月期)
従業員数:約1100 名(アルバイト含む)



インタビュー・文/村上 敬
写真/中山博敬、ちふれ化粧品提供