J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2018年07月刊

Column 主体的・探究的な学びを促す 「eポートフォリオ」

「探究的な学習」を進めるうえで、効果的なツールとして注目されているのが、ICT 機器を用いて学びの記録を蓄積し、それらを学習やその評価に活用する「e ポートフォリオ」だ。
e ポートフォリオが、どうして主体的・探究的な学びにつながるのか。
e ポートフォリオの活用に詳しい東京学芸大学の森本康彦教授に聞いた。

残り:1,582文字

/

全文:2,109文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

森本康彦(もりもと やすひこ)氏 
東京学芸大学
情報処理センター 教授

長岡技術科学大学大学院修了。博士(工学)。1991年、学習院大学理学部数学科卒業後、三菱電機情報技術総合研究所、広島市立牛田中学校教諭(数学)、千葉学芸高等学校教諭(情報)等を経て、2009年東京学芸大学情報処理センター准教授、2017年同大学教授、現在に至る。
著書に『教育分野におけるeポートフォリオ』(ミネルヴァ書房、共著)など。

[取材・文]=崎原 誠