J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年09月号

昇進昇格時のアセスメントは 次世代リーダーを発掘・育成する 絶好の機会

昨今、昇進昇格審査に客観的な評価手法である「アセスメントセンター」を導入する企業が増えている。
経営環境が大きく変化する中で、優秀な人材を発掘したり早期選抜・育成するための方法が今まで以上に求められているのだ。
次世代リーダーの発掘・育成におけるアセスメントセンターの有効性について、日本能率協会マネジメントセンター(以下、JMAM)アセスメント事業本部で商品開発を担当する春山氏と道端氏に聞いた。

残り:1,664文字

/

全文:2,219文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン

プロフィール


春山尚稔氏
アセスメント事業本部
アセスメント・リサーチセンター第1部
シニアアセッサー

道端雅篤氏
アセスメント事業本部
アセスメント・リサーチセンター第1部
主任

●お問い合わせ先
株式会社日本能率協会マネジメントセンター
アセスメント事業本部
〒103-6009 東京都中央区日本橋2-7-1
東京日本橋タワー9階
TEL:03-6362-4347
E-mail:ac_pr@jmam.co.jp
URL:http://www.jmam.co.jp/hrm/assess/