J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年07月号

特集 日本企業に今、必要な“ 主張する技術”

コンフリクト・マネジメント/アサーション/プレゼンテーション

残り:0文字

/

全文:0文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

人の悩みは対人関係に関するものであると、アルフレッド・アドラーも指摘する。
対人関係能力を高めることが、個人と組織の飛躍の鍵となる。
中でも日本人・日本企業にとっては、適切に自己を主張する
「アサーティブ・コミュニケーション(アサーション)」、表現する「プレゼンテーション」、そして対立を克服・活用する「コンフリクト・マネジメント」の3つのスキルの向上が、成長や業績、国際競争での立ち位置を大きく左右するはずである。
本特集では、この3つを中心に、ヒューマンスキル開発のマインドとスキルを取り上げる。
Image by Sergey Nivens/Shutterstock.com