J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年05月号

CASE 4 サイボウズ 多様な制度に、風土も根づく カギは社員同士、経営と社員の日常的なコミュニケーションの工夫

サイボウズではユニークかつ多様なワークスタイルを導入し、それが社員間の信頼や会社に対する安心感につながっており、組織も活性化されている。
そうした試みの背景には、会社が重視して代々受け継いできた理念と文化がある。制度と文化の両面から見てみよう。

プロフィール

松川 隆 氏 事業支援本部 人事部 マネジャー
椋田 亜砂美 氏 ビジネスマーケティング本部 コーポレートブランディング部 プロデューサー

サイボウズ
1997年設立。「チームあるところ サイボウズあり」をスローガンに、グループウエアなどのチーム・コラボレーションを支援するツールを開発・提供している。また、サイト『サイボウズ式』を通じて、「新しい価値を生み出すチーム」のための情報発信も積極的に行っている。
資本金:6億1400万円(2014年12月末現在)、連結売上高:59 億6500万円(2014年12月期)、連結従業員数:511名(2014年12月末現在)

[取材・文]=楠本 亘 [写真]=田邉泰子