J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年05月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 社内公用語英語化は組織を強める最大の武器

楽天は日本最大級のオンラインショッピングモール「楽天市場」を運営しながら、旅行、証券、銀行、保険、クレジットカード、通信などの多岐にわたる事業を積極展開してきた。
また海外でも、アメリカ、台湾、タイ、フランス、ブラジル、ドイツ、イギリス、インドネシアなどに次々と展開し、今では28の国と地域(日本含む)にも及んでいる。
このグローバル化を推し進めてきた原動力が、代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏だ。
2010年には「社内公用語英語化」を宣言し、2012年からは社内コミュニケーションを英語に全面移行した。
数年が過ぎた現在、改めて人材育成の観点から英語化の意義を問い、人材像、育成の要点、働きやすい環境づくりの工夫なども聞く。

プロフィール

三木谷 浩史(Hiroshi Mikitani)氏
楽天 代表取締役会長 兼 社長

生年月日 1965年3月11日
出身校 一橋大学商学部・ハーバード大学経営大学院
主な経歴
1988年4月 日本興業銀行入行
1993年5月 ハーバード大学経営大学院修士号取得
1996年2月 クリムゾングループ 設立(現 合同会社クリムゾングループ)代表取締役社長(現 代表社員) (現任)
1997年2月 エム・ディーエム(現 楽天)設立 代表取締役社長
2001年2月 代表取締役会長 兼 社長(現任)
2006年4月 クリムゾンフットボールクラブ 代表取締役会長(現任)
2008年1月 楽天野球団 代表取締役会長(現任)
2010年2月 一般社団法人 eビジネス推進連合会 (現 一般社団法人新経済連盟) 代表理事(現任)
2011年10月 公益財団法人 東京フィルハーモニー交響楽団 理事長(現任)
現在に至る

楽天
1997年設立。楽天市場をはじめとしたインターネットサービスのほか、金融サービス、デジタルコンテンツ事業などを行う。
資本金:1116億円、連結売上高:5985億6500万円( 2014年12月期)、連結従業員数:11723名(2014年12月31日現在)

インタビュー・文/Top Communication
写真/西山輝彦