J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年02月号

TOPIC②  社会変化に対応した人と組織を創る「 能力開花―KAIKA―」プロジェクト

個人の生き方や価値観が多様化し、社会に求められる豊かさも一様ではなくなった。それゆえに、変化に富む社会に対応し、豊かさに貢献できる企業こそが、将来の市場競争において優位に立つことができるといえる。そこで社団法人日本能率協会(JMA)は、「能力開発優秀企業賞」の概念を発展させ、「個」の成長と「組織」の活性化、「社会」への貢献をスパイラルアップさせる「能力開花―KAIKA―」を提唱。賞も「能力開花大賞」へとリニューアルした。その概要と期待される効果を紹介する。

残り:3,631文字

/

全文:4,539文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

花田 光世(はなだ・みつよ)氏
慶應義塾大学 総合政策学部 教授 SFCキャリアリソースラボラトリー代表 
1971 年慶應義塾大学文学部卒業、南カリフォルニア大学大学院社会学専攻博士課程修了、Ph.D。産業能率大学教授、同大学国際経営研究所長等を経て、1990 年より現職。著書に『グローバル戦略を支える人事システム』など。

社団法人日本能率協会(JMA) 経営研究所