J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年05月号

新潮流コラム 1 ポジティブ心理学 人とのポジティブなかかわりが組織の活力、個人の幸福感を増す

社員同士の人間関係を良好にするために、企業はどれほどの投資をしているだろうか?人間関係が良いにこしたことはないが、売り上げのほうが重要だ――そう考える経営者も多いかもしれない。だが、ハイクオリティ・コネクション(良質なつながり)がある職場のほうが、活力や幸福感が増すことが実証されている。

残り:1,970文字

/

全文:2,626文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

宇野 カオリ(うの・かおり)氏
一般社団法人日本ポジティブ心理学協会代表理事。ペンシルベニア大学ポジティブ心理学センター研究員。ペンシルベニア大学大学院応用ポジティブ心理学修士課程修了。翻訳書に『ポジティブ心理学入門』(春秋社より刊行予定)などがある。兵庫県出身。
[執筆・写真] = 宇野カオリ