J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年10月号

論壇 目的を熟考し、未来から考える 解決困難な課題は“ブレイクスルー思考”で考えよ

一筋縄ではいかない課題が、職場には溢れているようにも見える。人や組織にまつわる課題が、なかなか解決を見ないのは、私たちの今までの思考が、そもそも合っておらず、解決に向かわないのではないか。従来とは全く違う思考も学び、使い分けていくことが必要なのだ。そこで、あらゆる制約をとっぱらい、目的、未来志向で考える新しい思考を紹介したい。

プロフィール


松永 譲治氏(まつなが じょうじ)
富士火災海上保険 人事部 人材開発担当/日本企画計画学会 東京支部 支部長
早稲田大学商学部を卒業後、日本の損害保険会社や外資系損害保険会社で営業、営業企画、営業教育、営業変革、人事教育、人材開発の責任者などを務める。また2010年にはJMコンサルティングを設立。人材開発の企画・作成・研修などを手がける。日本企画計画学会 東京支部 支部長、ブレイクスルー思考センター 顧問。日本企画計画学会東京支部HP http://bttnet.com/jps/tokyo/matsunagajoji@yahoo.co.jp