J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年06月号

効率よく聞きたいことを話してもらうために 人事に役立つ“リサーチ力”

人事が真に戦略的人事となるためには、現場の実態を把握し
戦略と現場が乖離しないようにブリッジをかけなくてはならない。
そこで現場の実態を知るうえで、必要になるのが、「リサーチ力」である。
相手から聞きたいことを聞き出し、本音を語ってもらえる方法を、具体的に紹介する。

プロフィール


伊達 洋駆氏(だて・ようく)
1982年大阪府生まれ。神戸大学
大学院経営学研究科において、
インタビューや観察などの質的
調査に基づいて、経営現象の現
状を分析し、現状を改善するた
めの解決策を検討してきた。2010
年に有限責任事業組合ビジネス
リサーチラボを設立し、「すべて
の企業にリサーチ力を」という
目標のもと、学術的知識を実践
に活用する活動を展開している。
連絡先は、york.date@gmail.com。