J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年06月号

ウェイ設計の新たなアプローチ 急がば回れ! 施策展開より コンセプト設計にこだわる

経営理念やウェイの構築・浸透は、ビジネスリーダーたちを悩ませる古典的な命題である。
本稿では、そのコンセプト自体を魅力あるものにすることの重要性を説くとともに、
コンセプトを検討する際に重要な視点について提案したい。
企業として大切にしてきたもの――いわば「内省する」ことももちろん重要だが、
日本企業においては、「外」――外部環境をあえて意識することがより重要である。

プロフィール


鵜澤 慎一郎氏(うざわ・しんいちろう)
事業会社で財務・人事・新規事
業開発経験を経て現在に至る。
実務とコンサルティング両面で
豊富な経験を有し、空理空論で
はない実行性の高い方法での業
務変革・組織再編の導入・定着
支援を得意とする。最近では人
事部門のグローバル化・高付加
価値化支援に加えて、営業・経
理・情報システム部門を含めた
組織横断的な大規模プロジェク
トに注力。チェンジマネジメン
ト&ラーニング部門リーダー。
E-mail: suzawa@deloitte.com