J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年06月号

特別対談 震災後の働く人のメンタルケアについて考える 今、人事担当者にできること知ってほしいこと

3月11日に発生した東日本大震災は、甚大な被害をもたらした。
被災者が直面した現実の惨さ、心の傷の深さは計り知れない。
一方で、震災の影響は日本全体に及び、被災地域外の人にもまた大きな衝撃を与えた。
「仕事が手につかない」、「今、自分は何をすべきかわからない」など、震災後、
自らの仕事観、キャリア観の揺らぎを感じている人は少なくない。
本対談では、こうした価値観の揺らぎをどう解釈し、
働く個人と組織がどのように対処すべきかを考える。

プロフィール


中原 淳氏(なかはら・じゅん)
東京大学 大学総合教育研究センター准教授。
大阪大学博士(人間科学)
組織学習論、組織行動論
「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織に
おける学習、コミュニケーション、リーダーシップ
に関する研究を行う。単著に『職場学習論』(東京大
学出版会)、『知がめぐり、人がつながる場のデザイ
ン』(英治出版)、共著に『リフレクティブ・マネジャ
ー』(光文社)など多数。
Blog:http://www.nakahara-lab.net/
Twitter ID:nakaharaju


野口 海氏(のぐち・わたる)
メンタル・コンシェルジュ代表
精神科医・産業医(医学博士)
慶應義塾大学大学院 政策メディア研究科
特任准教授
東京学芸大学 保健管理センター 特任准教授
東京工業大学 世界文明センター フェロー
日本精神神経学会専門医、日本医師会認定産業医、
日本産業精神保健学会認定専門職
大手企業からベンチャー企業まで多数の企業の精
神科顧問医(メンタル・コンシェルジュ)として
活躍中。

取材・文/井上佐保子 写真/中原淳、本誌編集部