J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年06月号

人材教育最前線 人材開発のミッションは 仕事で人が育つ仕組みづくり

コンピュータ制御が進む自動車業界
では、ソフトウェアに対する需要が高
まっている。自動車部品メーカー大
手のデンソーでも、こうした状況を
受け、ソフトウェアの開発体制を刷新
するとともに、人材の育成にも一層
力を入れている。開発エンジニアの
教育を企画・設計する福田淳一氏は、
「教育では、人は育てられない。教
育に求められるのは、“主体的に学び、
成長しようという行動を引き出すキッ
カケをつくること”だ」と語る。自
身もエンジニアでありながら、15年
の長きにわたってソフト開発の教育を
担当してきた福田氏に、エンジニア
育成への思いについて伺った。

プロフィール


福田 淳一氏
1993年デンソーに入社。3年間ソフト開発手法
を研究した後、1996年からは、ソフト開発プロ
セスの構築に携わる一方、電子技術部内のソ
フト開発者の教育を担当。さらに、2001年から
は、全社のソフトウェア開発者の教育も担当し
ている。

デンソー
愛知県を本拠地とする、大手自動車部品
メーカー。前身は、トヨタ自動車の開発
部門であり、1949年トヨタ自動車から分
離独立。1996年に現在の社名に変更した。
現在、世界30以上の国と地域で事業を展
開している。
資本金:1874億円(2011年3月31日現在)、
売上高:3兆1315億円(連結、2010年4月
1日~2011年3月31日)、従業員数:12万
3165名(連結、2011年3月31日現在)

取材・文/赤堀たか子、写真/吉田三郎