J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年06月号

指針を見失いがちな時代の ウェイを実践する人と組織づくり

閉塞感から、現実的な危機感へ――東日本大震災を受け、日本企業は
これから厳しい現実に立ち向かうことになる。
荒波を乗り越えるために確実に組織を強化できる方法の1つには、ウェイの浸透・実践がある。
自社の大切にする価値観をしっかりと、現場の隅々にまで浸透させ、
日々の仕事で実践できるようにする方法はさまざまにあることが、取材から明らかになった。
その具体的方法と、ウェイの浸透・実践の意義についてまとめた。