J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年10月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 仕事の原点は現場にあり──現場を動かす技と発想力を磨け

準大手ゼネコンのうち、トップ集団を走る戸田建設。医療福祉施設、教育施設で業績を誇る他、丸の内オアゾなど有楽町・丸の内エリアでも多くのビル建設を手掛ける。一方、建設業界は他の業界同様、人口減少、少子高齢化の時代を控え、大きな節目を迎えようとしている。そのタイミングで代表取締役社長に就任したのが今井雅則氏だ。大阪を中心に営業の第一線で活躍した経験を持つ同氏が語る、独自の人財育成哲学とは。

残り:4,609文字

/

全文:5,761文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

今井 雅則(Masanori Imai)氏
戸田建設 代表取締役社長
生年月日 1952年7月21日
出身校 大阪大学大学院工学研究科 前期課程 建築専攻
主な経歴
1978年 4月 入社
2001年 10月 大阪支店 京滋建築総合営業所長
2004年 2月 大阪支店支店次長(建築営業担当)
2005年 4月 大阪支店副店長(建築営業担当)
2008年 4月 執行役員
2009年 8月 常務執行役員大阪支店長
2013年 6月 代表取締役社長
現在に至る

戸田建設
創業1881年。とりわけ医療・福祉関連施設における実績が高く「病院の戸田」の呼び声が高い。業界では大手ゼネコンに次ぐ地位につけている。
資本金:230億円、単体売上高:4095億円、単体従業員数:3918名(2014年3月31日現在)

インタビュー・文/西川 敦子、写真/西山 輝彦