J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 風土改革は上から起こせ!見えない壁を打破する小さな仕掛け

ますますグローバル成長を加速し続けるテルモ。カテーテルや人工心肺装置などの主力製品を武器に海外売上比率は50%を越える。だが、世界をリードするイノベーションを生み出すためには日本の組織にありがちな「見えない壁」を壊す必要がある。「キーワードは“上からの改革”」という中尾浩治代表取締役会長に、独自の自由闊達な組織づくりについて聞いた。

残り:4,732文字

/

全文:6,309文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン

プロフィール

中尾 浩治(Koji Nakao)氏
生年月日 1947年2月8日生
出身校 慶應義塾大学法学部卒
主な経歴
1970年4月 入社
1995年6月 取締役、社長室長に就任
2002年6月 取締役常務執行役員に就任
2006年6月 テルモメディカル社(米国)取締役会長兼CEOに就任
2007年6月 取締役専務執行役員に就任
2010年6月 取締役副社長執行役員に就任
2011年5月 代表取締役会長 就任

テルモ
1921年9月設立。「医療を通じて社会に貢献する」という企業理念のもとに、医療機器・医薬品の製造販売を世界160カ国以上で行う。製品には、世界初のホローファイバー型人工肺や、日本初の各種使い切り医療機器、医薬品などがある。東証一部上場。
資本金:387億円、売上高:3867億円(2012年3月期)、単体従業員数:4931名、グループ従業員数:1万8112名(2012年3月末現在)

インタビュアー/西川敦子
Interview by Atsuko Nishikawa
写真/山下裕之
Photo by Hiroyuki Yamashita