J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年02月号

組織活性の「対話力」

昨今、日本の職場では、組織構成員の
多様化など、さまざまな要因から、
価値観の多様化が起きている。
そうした中、多様な人々をまとめて鼓舞し、
チーム力や組織の知識創造性を
高めていく「対話力」を持って、
組織を強化、活性化することが
求められている。
そうでなくても、一筋縄ではいかない
コミュニケーションだが、
あくまでベースとなるのは
1人ひとりの従業員の
話す力」や「聞く力」だ。
では、「話す」「聞く」をベースとした
対話力」はどうしたら
向上することができるのか。
明日から真似できる
ちょっとしたテクニックから、
心髄をつく考え方までを紹介する。

残り:0文字

/

全文:0文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。