J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年04月号

TOPIC ワークライフバランスフェスタ東京 2014 レポート なぜ取り組む? どうすれば進む? 社会の「支え手」を増やすWLB

2014年1月29日、東京国際フォーラムにて、東京都主催による「ワークライフバランスフェスタ東京2014」と題するイベントが開催された。本イベントは、企業の第一線でワークライフバランス(WLB)の取り組みを行っている人物を招き、「ワークライフバランスの意義」「働きやすい職場」について問い直すというものだ。なぜ企業と個人はワークライフバランスに取り組むべきなのか、どうしたら取り組みが進むのか。その理解の一助となるイベントの模様をレポートする。

残り:3,549文字

/

全文:4,732文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン

プロフィール

コーディネーター
木佐 彩子 氏(フリーアナウンサー)
パネリスト
小室 淑恵 氏(ワーク・ライフバランス 代表取締役社長)
パネリスト
川島 高之 氏(NPO法人コヂカラ・ニッポン 代表)
パネリスト
青野 慶久 氏(サイボウズ 代表取締役社長)
渥美 由喜 氏
東レ経営研究所 研究部長 兼 主席コンサルタント/内閣府 少子化危機突破タスクフォース チームリーダー

取材・文・写真/浦上 毅郎