J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年07月号

CASE.2 日立製作所 困難を乗り越えるのはグローバルメジャーへの意識

V字回復を成し遂げた日立グループ。その原点は2011年に策定した「グローバル人財マネジメント戦略」だ。「グループ・グローバル」をスローガンに立ち上がった新たな人財育成とは。世界の強豪と渡り合い、勝てる経営リーダーをどう選抜、育成するのか。日本発・日立製作所発を脱却した、新生グローバル企業への革新を取材した。

残り:3,689文字

/

全文:4,919文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

竹内 光憲 氏 人財統括本部 グローバルタレントマネジメント部長

日立製作所
1910年創業。2009年よりカンパニー制を導入。ヘルスケアや電力、インフラ、交通、都市開発、ディフェンス、情報・通信システムと事業領域は広い。
資本金:4587億9000万円、連結売上高:9兆6162億円(2014年3月期)、連結従業員数 32万725名(2014年3月31日現在)

[取材・文]=西川 敦子 [写真]=本誌編集部、日立製作所提供