J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年07月号

特集 人材市場が世界に拡がるグローバルタレントマネジメント

グローバル競争と共に、優秀な人材の獲得競争もますます激しくなっている。
そうした中、企業は自社の人材が能力をフルに発揮できるように、採用・適材適所の配置・個々の能力開発・評価・後継者育成などの人材マネジメントのプロセスを改善して、企業としての生産性を高めていかなければならなくなっている。
特に日本企業が今、取り組まなくてはならないのは、業績や成果に貢献できる人材がどこにおり、その人やその次の候補者をどう育成していくのかを、世界規模で把握し計画、実行していくことだ。
現在該当する人がいないのなら、外部から確保しなくてはならない。
本特集では、そうした「グローバルタレントマネジメント」とはどんなことを行うことなのかを再確認し、その具体的な方法や課題の乗り越え方などを、オピニオンと先進事例の知見から解き明かしていく。

残り:0文字

/

全文:0文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。