My Opinion-① コーチ型マネジャーが育成する 自立型社員が企業成長の鍵を握る

上意下達のコミュニケーションを脱し、自ら考え実行できる人材が育つことで企業は成長する。
そのカギとなるのがコーチングだ。次世代リーダーがコーチングを活用すれば、上司と部下のコミュニケーションが改善され、企業全体が活性化する。人を育てる魅力的なリーダーは、どのようにして生まれるのか。コーチング研修の背景と効果を森川里美氏と関係者に聞いた。

残り:3,369文字

/

全文:4,492文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る