調査レポート「The Global Human Capital Study 2008」から 最優先課題はリーダーシップ能力開発! 世界共通の人事施策の課題・対策とは

世界約40 カ国、400 以上の組織に対し、どのようにして人財のパフォーマンスを高めているのかについて調査した「The Global Human Capital Study(GHCS)2008」の結果が発表された。この中で明らかになった全世界的な傾向と、日本の特徴や課題について、調査を行ったアイ・ビー・エムビジネスコンサルティングサービスのパートナー、執行役員・三巻由希子氏が報告する。

残り:3,200文字

/

全文:4,267文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る