ものづくり現場の人材育成戦略 第1回 グローバルな時代だからこそ“思い”を共有する ものづくり人材を育成したい

製造業に支えられてきた日本経済。それは今も変わっていない。しかし、国内人件費が高くなったことによって、国内の製造業はかつての力を失いつつある。そこで蓄積された技術や技能を国内で伝承し、改めて国内の製造業の強さを取り戻そうという動きが出てきている。窯業大手の日本ガイシは、人財開発部門を分社化し、製造現場教育を強化しつつ、海外工場で活躍できる技術者の育成に力を入れ始めた。

残り:4,277文字

/

全文:5,703文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る