巻頭インタビュー 私の人材教育論 異質なものを理解し 乗り越えることが 人を育てる

東京・武蔵野市に本社を構える横河電機。早くから海外進出を始めた横河電機は、主力の制御事業における売り上げの約6 割を海外市場が占める。
今や日本を代表するグローバル企業の1つとなった横河電機の最大の課題は、グローバルな企業間競争を勝ち抜くこと。
その目標に向けて今年4 月、人材育成機能を集約し、社長直轄の人財本部を設置した。

残り:5,839文字

/

全文:7,785文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る