連載 人材教育最前線 プロフェッショナル編 現場で成長するための行動を 気づかせるのが人事の役割

キヤノンマーケティングジャパン人材育成グループ課長の澤田伸彦氏は、SE から人材育成グループに異例の異動をした人物。SE 時代、技術革新についていくために次から次に夢中で勉強したという澤田氏は、そうした経験から教育の重要性を痛感していると言う。そして、自身がそうであったように「人が伸びるのはあくまで現場」とも言い切る。先輩や顧客とかかわり、叱られながら伸びていくのだ。だが、だからこそ研修は気づきを与えると同時に、会社としての価値観を共有する場にしなくてはいけないとも語る。澤田氏に教育に対する想いを聞いた。

残り:4,062文字

/

全文:5,416文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る