My Opinion② 個々人が主体的に学ぶ組織には 信頼関係と対話がある

自ら学ぶ社員は、企業にとっても成長を期待される人材であることが、東京大学とダイヤモンド社の調査によって明らかになっている。
では、どうしたら構成メンバーが皆、主体的に学ぶ組織ができるのだろうか。
それにはメンバー同士の信頼関係、リーダーシップ、そして対話の3 つがカギとなる。
本稿では、これまでの組織学習論研究をなぞり、特に個人を主体的な学習者としてとらえた実践コミュニティ論に注目しながら、メンバーの学習を促す組織づくりには何が必要かを明らかにする。

残り:4,763文字

/

全文:6,351文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る