TOPIC 日本能率協会グループ「人づくり実態調査2009」報告会レポート 大半の人材教育施策が目的未達 日本型雇用慣行志向も鮮明に

2009年12月8日、東京・大手町のサンケイプラザにおいて、日本能率協会(JMA)グループによって実施された「人づくり実態調査2009」の報告会が開催された。この調査は、企業が取り組む「人づくり(人事・教育)」の実態を体系的かつ具体的に把握することを目的として実施されたもの。
上場企業および未上場主要企業1000社への調査から見えてきた実態と、人づくり成功企業の要因についてレポートする。

残り:2,093文字

/

全文:2,790文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る