TOPIC① JAASシンポジウム「日本の人事部─ その役割の本質と課題─」レポート 人のことを知っている人事であるべきか、 ビジネスを知る人事であるべきか

去る2009年11月7日、東京工業大学大岡山キャンパスで開催された経営行動科学学会(JAAS)第12回年次大会において、『日本企業の人事部─その役割の本質と課題─』と題するシンポジウムが開かれた。
話題提供者である金井壽宏氏、守島基博氏、平野光俊氏の三大学教授は、ともに戦略型人事・ビジネスパートナー型人事への人事部の機能転換を研究している。
今、日本企業の人事部に求められている役割とは何か? そのディスカッションの模様をレポートする。

残り:5,093文字

/

全文:6,791文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る