特別企画 第22回 能力開発優秀企業賞 受賞企業 事例報告 非公式な人のつながりが 仕事へのやりがいを醸成

日本能率協会は、優秀な能力開発活動を行った組織を表彰することにより、産業界に有効な能力開発のあり方を普及させることを目的に、1988年「能力開発優秀企業賞」を創設した。
第22回となる今回は、日立建機、東京海上日動システムズ、日本ベーリンガーインゲルハイムが受賞。そこで3月号から3号にわたり、この順序でその取り組みを紹介する。
東京海上日動システムズでは、働きがいのある職場づくりと育成型人事施策の展開を両輪に、さまざまな制度と施策を導入し、効果を上げている。IT業界における、社員のやりがいを軸とした能力開発、組織づくりのモデルケースとして高い評価を受け、本賞受賞となった。

残り:3,292文字

/

全文:4,389文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る