WAVE 米国HRM最前線[後編] HR部門は、戦略に沿った人財開発と 組織デザインでビジネスを推進せよ

本稿は『Achieving Excellence in Human Resources Management』(Stanford University Press, 2008)の第1 章、“What HR Can Do”を訳出したものである。先月号では[前編]として、HR 部門がめざすべき「戦略パートナー」の役割について紹介した。今月号では、具体的にどのようにしてその役割を果たし、HR 部門も企業の戦略やビジネスを推進していくことができるのかなどについて、アメリカの最先端の考え方を紹介する。

残り:8,699文字

/

全文:11,599文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る