企業事例 キヤノンソフトウェア 内定者教育は新人教育の基盤。 文章力と対人能力を向上

システム開発やIT ソリューションを提供するキヤノンソフトウェア。
同社では内定者に、コンピュータシステムの基礎を学習させるとともに、コミュニケーション能力や文章力を高める教育を行っている。というのも、情報処理の資格を保持することだけが「社会人の基礎」とは考えていないからだ。内定者教育を新人教育の基盤づくりと位置付け、入り口からしっかりと、きめ細かく育成している。

残り:4,088文字

/

全文:5,451文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る