My Opinion② 選考前教育のススメ。 採用候補者を教育しながら 選抜する「資産蓄積型採用活動」

日本の経済状況から見れば新卒採用は企業の買い手市場のように見えるが、大学全入時代の大学生の資質は、大学生がエリート層だった時代に比べれば相当に低い。
その現状で企業戦略に合った学生の採用を考えると、選考前から学生を育てながら、選抜して内定を出すという、人材育成の前倒しが必要となる。

残り:3,934文字

/

全文:5,245文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る