J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2018年02月号

OPINION2 感性は努力で磨ける! 美的経験と知的な枠組みで “洗練された人”になる

「感性」といえば、生まれ持った才能のように捉えられがちだ。
だが、本当にそうだろうか。
大人になって感性を磨く方法はあるのか—
感性と深いつながりを持つ美学の第一人者、國學院大学教授の西村清和氏に話を聞いた。

プロフィール


西村清和(にしむら きよかず)氏
國學院大學 文学部 哲学科 教授

1948 年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、國學院大学文学部教授(東京大学名誉教授)。著書に『遊びの現象学』(勁草書房、サントリー学芸賞)、『イメージの修辞学』(三元社)、『プラスチックの木でなにが悪いのか』(勁草書房)他。

[取材・文]=谷口梨花 [写真]=編集部