J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年09月号

寺田佳子のまなまな 第21回 特定非営利活動法人NPOサプライズ 代表理事 飯倉清太さんに聞く ゴミ拾いから始めるまちづくり、人づくり

「誰もやらないのなら、自分でやればいい!」
今回のまなまなのお相手、飯倉清太さんは、実にしなやかで屈託のない精神の持ち主です。
地元・静岡県伊豆の課題解決に取り組み、ボランティア活動、オフィスつきの移住定住拠点の開設など、多彩な活動を展開してきました。
彼の人生を変えたのは、道端に落ちていた1本の空き缶でした―。

プロフィール

飯倉清太(いいくら きよた)氏
特定非営利活動法人NPOサプライズ代表理事。静岡県地域アドバイザー、明治大学社会イノベーションデザイン研究所客員研究員、総務省地域人材ネット推進委員。21歳で留学先のアメリカから帰国し起業。静岡県東部を中心に清掃活動グループを設立、現在は多くの地域活性マネジメントに関わる。

寺田佳子(てらだよしこ)氏
インストラクショナルデザイナー、ジェイ・キャスト常務執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソーシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、熊本大学大学院教授システム学専攻講師、日本大学生産工学部非常勤講師。著書に『学ぶ気・やる気を育てる技術』(JMAM)など。https://www.facebook.com/InstructionalDesignConsulting/