J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年09月号

CASE 3 武蔵野 スキルよりも価値観の統一が鍵 差別しない、徹底した 理念教育で社員を“家族”に

武蔵野の中途採用では、スキルではなく価値観の統一を意識する。
さらに、理念や価値観を培う勉強会を重視し、
前職での常識を、いったんリセットすることに注力する。
過去の経験を期待する企業が多い中、同社の方針は真逆にも感じられるが、
その理由と独自の手法を、代表取締役社長の小山昇氏に聞いた。

プロフィール


小山 昇氏
代表取締役社長

1964 年設立。武蔵野市内に開局した薬局を前身とし、設立当時からオフィス、店舗、一般家庭向けの美化アイテムのレンタル事業を展開する。独自の経営手法が注目され、主に中小企業を対象に経営サポート事業も手掛ける。2000 年、2010 年に経営品質協議会開催の日本経営品質賞を受賞。中小企業部門では初となる2度目の受賞となった。
資本金:9900 万円
売上高:61億円(2016 年5月〜2017年4月)
従業員数:800 名(2017年4月現在)


[取材・文]=田邉泰子 [写真]=編集部