J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年09月号

OPINION3 採用と組織風土の深い関係 “尖った人材”を採用しても 組織は変わらない

昨今では、自社にない視点を取り入れる1つの戦略として、
「異色の人材を採用したい」と、経験者採用が行われている面もある。
しかし、「異色の人材をただ組織に放り込んで、うまくいくはずがない」——と、
約20 年にわたり採用・人事コンサルティングを手掛けてきた樋口弘和氏は語る。
日本における中途採用の難しさと、変わりたい企業が取るべき対応とは。

プロフィール


樋口弘和(ひぐち ひろかず)氏
トライアンフ 代表取締役

1982 年に早稲田大学商学部を卒業後、日本ヒューレット・パッカードに入社。以後20 年近くにわたり、採用、教育、給与システムなどの人事部門に勤務し、コンピュータ事業部の人事部門を統括。米国本社でキャリア採用やダイバーシティ、ワークライフバランスといった最先端の人事を学ぶ機会に恵まれる。1998 年に人事・採用のアウトソーシングとコンサルティングを手掛ける株式会社トライアンフを設立。


[取材・文]=崎原 誠 [写真]=トライアンフ提供