J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年09月号

OPINION2 伸びしろが小さい理由とは 中途社員の伸び悩みを解消する 社内の“弱い紐帯”の形成

多摩大学経営情報学部教授の小林英夫氏は、
一般企業での経験を元に、人材の成長について研究を進めてきた。
その結果、中途社員に見られる伸び悩みは、
社内ネットワークなどの“紐帯(ちゅうたい)”が不足していることが
影響しているのではないかと指摘する。

プロフィール


小林英夫(こばやし ひでお)氏
多摩大学 学長室長 経営情報学部 教授

博士(経営学)。日本アイ・ビー・エムを経て、2000 年、イー・アクセス創業に参画。初代人事部長、初代組織管理本部長。関連子会社イー・モバイルの立ち上げにも関わる。イー・アクセス代表取締役副社長、イー・モバイル執行役員副社長を経て、2013 年に多摩大学経営情報学部准教授。2016年より現職。専門領域は組織マネジメントとアントレプレナーシップ。


[取材・文]=田邉泰子 [写真]=編集部