J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年09月号

OPINION1 中途採用者にこそ教育と組織サポートを 上司の関わりと 人的ネットワークの構築が鍵

中途採用者の組織適応に詳しい甲南大学の尾形真実哉教授は、
「中途採用者は、十分な教育もされずに放置されているが、
新卒者以上に組織のサポートが必要」と訴える。
では、どのようなサポートが有効なのか。
「適応エージェントの提供」、「中途採用者研修の実施」、
「中途文化の定着」といった中途採用者を活かす仕掛けについて聞いた。

プロフィール


尾形 真実哉(おがた まみや)氏
甲南大学 経営学部 教授

1977 年宮城県生まれ、2002 年に明治大学商学部卒業、2007 年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。甲南大学経営学部専任講師、准教授を経て現職。研究分野は、組織行動論、経営組織論。著書に『日本のキャリア研究:組織人のキャリア・ダイナミクス』(共著、白桃書房)、『人材開発研究大全』(共著、東京大学出版会)等。
中途採用者の組織適応に関する研究成果は『甲南経営研究』(甲南大学)などで順次発表していく。


[取材・文]=崎原 誠 [写真]=編集部