J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年09月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 働き方が多様化する今こそ 仕事の作法と会話を大事に

「こころを動かす空間づくりのプロフェッショナルであり続ける」。
人と人、人とモノ、人と情報が行き交う空間を創造する丹青社は、
飲食店から病院、ホテル、博物館まで、
幅広い案件の調査・企画、デザイン・設計、
そして、制作・施工、運営を手掛ける。
卓越したセンスや設計技術、
多様な専門家とコラボする“総合力”をどう育んでいるのか。
独自の手法で体験を積ませるという、
同社の育成方針を取材した。

プロフィール


高橋貴志(Takashi Takahashi)氏
丹青社 代表取締役社長
生年月日 1955年9月9日
出身校 都立工芸高等学校

主な経歴
1974年 4月 丹青社 入社
1999年 6月 執行役員 制作統括部 公共空間制作1部長
2010年 4月 取締役執行役員 商業空間事業部
プロダクト統括部長
2013年 2月 取締役 デザイン・制作全般
及び品質、技術、安全、協力会社担当
2015年2月 取締役常務 デザイン及び制作全般担当
2016年2月 取締役副社長
2017年 4月 代表取締役社長
現在に至る

企業プロフィール
丹青社
設立は1959年。戦後活気づく百貨店の店内装飾を東京・
上野で手掛けたことから事業をスタート。以来、エポックメ
イキングな空間創造に多数携わりながら、「こころを動かす
空間づくり」への取り組みを続けている。
資本金:40 億2675万657円(2017年1月31日現在)
連結売上高:707億8100万円(2017年1月期)
連結従業員数:1131名(2017年1月31日現在)


インタビュー・文/村上 敬
写真/中山博敬、丹青社提供