J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年11月号

TOPIC-1 第1回 教育AI・ビッグデータ分析WGセミナー ラーニングアナリティクスは何を可能にするか

人事、人材、教育分野におけるテクノロジー活用やデータの分析結果の経営への活用推進を目的として、2015年に設立されたHRテクノロジーコンソーシアムLeBAC(HR・Learning Technology & Big Data Analytics Consortium)。
その教育、AI、ビッグデータ分析を研究テーマにして発足したワーキンググループの第1回セミナーが9月15日に東京都内で開催された。そこで発表された先進的な取り組みをレポートする。

残り:3,380文字

/

全文:4,506文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


松田 孝氏
京都大学工学部卒。帝人を経て、2001年設立の(株)インフォザイン設立メンバー。各種ECM製品の導入コンサルテーションや運用者向け・開発者向けのトレーニングとサポートに従事した後、現在CincomECMのトレーニングを担当。併せて教育分野向けオープンソース製品(Learning Record StoreやComputer Based Testing関連)の導入コンサルテーションなども行う。



菅 由紀子氏
2004年サイバーエージェント入社。インタースコープとの協業でネットリサーチ事業を立ち上げ、広告の販売や企画などに携わる。その後、(株)ALBERTでデータ分析業務を担当。アナリティクスサミット、NTTデータ数理システムユーザーコンファレンスにてWebマーケティング、データ分析、データマイニングについての講演なども行う。
※2016年9月末日で同社を退職、10月より(株)Rejoui代表取締役。


取材・文・写真/菊池壯太