J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年11月号

CASE 3 織彦 アナログな職人技を後世に残すために デジタルで形式知にして次代に託す 西陣織の技と知恵

職人技が脈々と受け継がれる伝統工芸の世界。
「技は見て盗め」といわれるように、技術継承はアナログな手法に頼ってきた。
だが西陣織の製造卸を営む織彦では、1989年ごろからデジタル化に着手。
トレーサビリティ(生産加工経路情報)システムの導入で技術・材料・品質等の詳細な情報を管理・公開している。
その原点は、暗黙知の伝統技術を形式知化し、後世に伝えたいという思いだった。

残り:3,900文字

/

全文:5,200文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


樋口恒樹氏 株式会社織彦 代表取締役

織彦
1907(明治40)年、西陣織物の製造業として創業。「ご縁を大切に」「古典に統一したデザイン」「本物を適正な価格で」の3つの経営方針のもと、西陣織の製造卸、呉服販売、和雑貨の加工販売などの事業を手掛ける。伝統産業の染織関連業8社が参画する「日本伝統産業染織工芸協会」のまとめ役も担う。
資本金:1000万円、従業員数:4名(2016年9月30日現在)

[取材・文・写真]=佐藤鼓子・編集部