J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年11月号

Column 書家・プレゼンテーションクリエイターの 前田鎌利氏が語る デジタルとアナログ

ソフトバンク勤務時代、その優れたプレゼンテーション術から、社内認定講師と、孫正義氏のプレゼン資料作りを担当していた前田鎌利氏。
その後独立し、プレゼン講師として活躍中だが、「書家」という全く別の顔も持つ。
デジタルの「プレゼン」と、アナログの「書」、両方を駆使する氏に、それぞれのよさや相乗効果等について聞いた。

残り:1,771文字

/

全文:2,361文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


前田鎌利( まえだ かまり)氏 
株式会社 固 代表取締役/書家/プレゼンテーションクリエイター

1973年福井県出身。5歳より書を始め、東京学芸大学書道科卒業後は光通信に入社、独立書家として活動。
2010年、ソフトバンクアカデミア第一期生として選考され初年度1位の成績を修める。13年ソフトバンクを退社し、書道塾「継未-TUGUMI-」を全国13校で主催する傍ら、プレゼン講師や講演活動等も精力的に行う。近著に『社外プレゼンの資料作成術』(ダイヤモンド社)。


[取材・文]=木村美幸 [写真]=前田氏提供、編集部