J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年08月号

TOPIC 当事者主体のチーム編成から、就労支援講師まで 障害を強みに変える 富士ソフト企画の人材・組織開発

富士ソフトグループの特例子会社である、富士ソフト企画の組織運営は、“健常者が障害者を管理する”ものとは一線を画す。
障害の異なるメンバーでチームを編成し、互いの能力を補完し合うことで、自立的なチーム運営と個々の能力開発に成功している。
「健常者目線の障害者雇用は存在しない――」そう明言する同社の取り組みには、人材開発や適材適所の原点があった。

残り:4,816文字

/

全文:6,421文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


遠田千穂氏
富士ソフト企画 人材開発部部長 秋葉原営業所所長

富士ソフト企画
1991年設立。名刺作成をはじめとする各種印刷物の制作や、ホームページの制作・更新管理、スポーツイベントで必要な一連の印刷物制作などを展開する。2000年に特例子会社認定を受け、以降、積極的な障害者採用を行う。今回取材した秋葉原営業所では、現在18名の身体、知的、発達、精神それぞれの障害を抱えるスタッフたちが在籍している。

[取材・文・写真]=田邉泰子